インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

治療ではなく、丈夫で白い歯を維持するために、サロンのように気軽に通える歯科医院を目指しています。

患者さまには、いつまでも健康な歯で笑顔の絶えない毎日を送っていただきたいと考えています。そのために大切なのが予防・メンテナンスです。治療のための通院は苦痛を伴いますし、先延ばしにしてしまいがちではないでしょうか。しかし、予防での通院であれば、メインはクリーニングです。美容サロンに行くように、気軽に歯のお手入れにお越しいただきたいと思います。

最初に、田中先生の思う、たなか歯科医院の好きなところについて教えてください。

お口の中に問題がなくても、定期検診でお越しいただいている方が多くいらっしゃるところです。私は予防がとても重要であると考えており、治療中から患者さまに予防の大切さをお伝えしています。そのことを理解していただけていると実感できるので、これからも分かりやすい説明を心がけ、お越しいただいた方がお口の問題で悩まずに済むようサポートしていきたいと思います。

スタッフさんはどういった方ですか?

私の考えをきちんと理解してくれているスタッフが多いと思います。定期的にミーティングを行う以外に、月に一回一人ひとりのスタッフと面談を行い、当院の方針や改善してほしい点などについて話をしています。私がどのような考えを持って診療しているのかを把握してくれているので、お互いに信頼関係が生まれ、よりスムーズに診療を行えていると思います。

産業医科大学病院歯科口腔外科に入局されていたとのことですが、そこではどのような経験をつまれていたのでしょうか。

一般的な治療から複雑な親知らずの抜歯、さらには外科処置など、携わってきた治療は多岐にわたります。また、医科大の附属病院でしたので、お口以外の病気で入院されているか方の治療に携わらせていただくことが多くありました。お口の治療中に全身の状態が変化してしまうこともあり、医師の方と連携を取りながら治療を行っていました。とても大変な場所でしたが、貴重な体験をさせていただきました。

たなか歯科医院の今後の展望について教えてください。

予防をとても重視しているので、唾液検査など、お口の状態をより詳しく知ることができる検査を導入していきたいと考えています。唾液検査はお口の状態を数値として確認することが可能です。初診時に行うことで、よりその状態に合わせた治療の判断をすることにつながります。また、患者さま自身にお口に対する意識を持っていただきやすくなると思いますので、健康なお口の環境を守るために導入を検討しています。

初診の方にはどのような流れで診療をおこないますか?

最初はカウンセリングを行います。初診時は一時間ほどお時間をいただいているのですが、30分はカウンセリングに当てています。患者さまのお悩みはもちろん、ライフスタイルまでお伺いすることが、より詳しいアドバイスにつながると考えているからです。個室のカウンセリングルームを用意していますので、じっくりとお話をすることができると思います。また、痛みでお悩みの方には応急処置をして、痛みを和らげてからお帰りいただけるよう配慮しています。

田中先生が行う、治療時に痛みを抑えるための工夫について教えてください。

痛みを和らげる方法としては麻酔がとても重要です。特に多くの方が苦手意識を持っているのが、注射針が刺さる瞬間です。なるべく痛みを感じにくいポイントを狙って刺したり、表面麻酔を使用したりして痛みを和らげられるよう心がけています。さらに、細い針や電動注射器などを使用して、患者さまが緊張せずに治療に臨めるよう努めています。

最後に、患者さまへのメッセージをお願いします。

歯科医院というと、「症状がある箇所を改善する場所」というイメージをお持ちの方がいらっしゃいます。しかし、私は、「治療せずに済むようお口のケアをする場所」、また「治療後も良い状態を維持するための場所」と思っていただきたいと考えています。予防やメンテナンスでお越しいただき、健康なお口を維持できるようサポートしていきます。長くお付き合いできる関係性を構築することを大切にしていますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。